ENSHARE(エンシェア)の口コミや評判

公開日:2022/05/01  最終更新日:2022/06/03

エンシェア

エンシェアは2015年に創業された、キャディ業務を行う会社です。20224月時点で、従業員は38人。本社・霧島事務所・鹿児島事務所の3つの事務所をもっています。エンシェアの目的は、ゴルフを競技・娯楽・接待としてプレーするすべての人に満足してもらうこと。丁寧で徹底した教育を受け、キャディとして輝くことができるでしょう。

“お客さんに喜ばれるキャディ”がコンセプトの徹底した教育

エンシェアという名前には「同じ地域に住む人をはじめとする、さまざまな人との縁(御縁)を大切にする」「いただいた縁(御縁)をシェアしていき、人々の縁をつなげたい」という思いが込められています。エンシェアの理念であるともいえるでしょう。

キャディの場合、ゴルフ場からいただいた依頼(縁)を、お客さんに満足していただくことで更なる顧客獲得やリピーターにつなげる(シェア)必要があります。

とはいえ、キャディの業務をただ単純にこなすだけでは、いただいた縁をシェアすることはできません。縁をつなぐには、お客さんを満足させる必要があります。

お客さんに満足してもらえる、喜んでもらえる業務を行ってこそ、縁をシェアできるといえます。従って、エンシェアでは「お客さんに喜ばれるキャディ」の育成が行われるのです。

お客さんに喜んでもらうためにはなにが必要か、どうすればよいのか、これを考えることによって縁をつなげることができます。キャディとしてだけではなく、人としての成長も期待できるでしょう。

ゴルフの基礎だけでなく、挨拶・礼儀・マナーといった基本も教育されます。場合によっては不必要に思うこともあるかもしれませんが、すべては縁をつなげることができるほどに「お客さんに喜ばれるキャディ」となるためです。エンシェアの教育は、これからの人生の役に立つことも期待できます。

ツアー経験のあるキャディが在籍

キャディと一言でいっても、アマチュアからベテランまでさまざまです。たとえゴルフの腕前が素晴らしいプロゴルファーであっても、キャディは必要不可欠な存在です。

プロゴルファーに寄り添うキャディは、プレーヤーのまわりのサポートやちょっとしたアドバイスを提供します。キャディはプレーヤーを支える重要な存在であり、キャディによってプレーが左右されることも少なくありません。

従って、多くのゴルファーは「よいキャディ」を求めるといえるでしょう。エンシェアには、トーナメントやツアーに出場するキャディが10名ほど在籍しています。

トーナメントやツアー経験者だからこそ知っているコツや考え方があり、プレーヤーから求められる存在です。一見、ツアー経験のあるキャディの在籍は会社やプレーヤーにしかメリットがないかと思いますが、実はそうではありません。

同じ会社に所属することで、ツアー経験のあるキャディの知識や経験にふれることができるからです。ツアー経験のあるキャディを見て学んだコツや考え方は、自身の財産となることは間違いありません。

さらなるキャリアアップにもつながることでしょう。自身もいつかトーナメントやツアーに参加したいと望む人にとっても、自身もゴルフをプレーするという人にとっても、よい経験になることが期待できます。

多種多様な能力が必要とされるキャディ業務

キャディにはさまざまな能力(スキル)が必要といわれています。いくつかの項目にわけて紹介するので、身につけたい能力がある場合は、ぜひ前向きにキャディとして働くことを検討してはいかがでしょうか。

適切な挨拶・礼儀・マナー

キャディもある意味では接客業のひとつといえます。お客さんを不快な思いにさせないよう、楽しんでプレーしてもらうように、最低限の挨拶・礼儀・マナーは欠かせません。

コミュニケーション能力

キャディはただお客さんのそばについているだけではありません。コースを回るメンバーすべての人に楽しんでもらえるよう、ときには自ら声をかける必要もあります。

ゴルフは、友人関係で楽しむだけでなく接待などにも利用されることが多いです。メンバーの関係性を理解し、適切なコミュニケーションを行う必要があるといえるでしょう。

ときには、コースのアドバイスや使用するクラブのアドバイスを求められることもあります。場の雰囲気を壊すことなく、適切なコミュニケーションを行いましょう。

気遣いや気配り

キャディはプレーヤーの身の回りのサポートを行います。プレーヤーが困っているときは手を差し伸べ、メンバーの様子に気を配りながらもゴルフボールの位置を確認する必要も。

芝に空いた穴を埋める、汚れたクラブをキレイにする、これらの業務を行うには必然的にプレーヤーをよく見なければならず、気遣いや気配りといった能力を育てることにつながります。

 

エンシェアでは「お客さんに喜ばれるキャディ」となるための教育や指導が行われます。お客さんから褒めてもらうことはモチベーションにつながるだけでなく、強いやりがいを感じることでしょう。また「お客さんに喜ばれるキャディ」になるにはさまざまな能力を見につける必要があります。エンシェアでキャディとして働くことは、自身の成長につながることだといっても過言ではありません。キャディから日常の充実さと、スキルアップを実感してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

ゴルフ場で気持ちよくプレーができるようサポートするキャディのお仕事。未経験からキャディになるにはどうすればいいのでしょうか。資格は必要なのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事ではキャ
続きを読む
社会人になると、ゴルフをする機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。クラブを取り替えたりどこを狙うか考えたりと、プレイ中に考えることはたくさんあります。そんなゴルフのプレイを円滑に進
続きを読む
昨今、働き方が多様化しており、正社員やアルバイト、パートのほか派遣など、自分にあった雇用形態を選べます。さらに、業種も非常に多く、自分の得意分野や好きなこと、趣味などから選べるので、楽しみな
続きを読む